ご注文5,000円以上で送料無料
ご注文5,000円以上で送料無料
カート 0

石けんが汚れを落とすしくみと泡立てて使う理由

せっけん 汚れを落とすしくみ

肌や髪の汚れにはホコリや微生物、汗、皮脂などがあり、水だけでもある程度は汚れを落とすことができます。汚れの中でも皮脂汚れなどのように油分を含むものになると水では落とすことができません。

石けんはなぜ油汚れを落とすことができるのでしょうか? 石けんは水になじむ部分(親水基)と油になじむ部分(親油基)を持っています。石けん分子の油になじむ部分が油にくっつき油を取り囲みます。石けん分子の反対側は水になじむので、油を包み込んだ状態で水に溶かす(正確には水の中に分散した状態になります。乳化といいます)ことができるのです。※

※このような性質のものを界面活性剤といいます。

 石けんの泡にもとても大切な役割があります。十分に泡立て弾力あるきめ細かい泡を作り、肌にやさしくあてることで、皮膚への摩擦をなくし肌の負担を軽減します。細かい泡は肌に接する表面積が大きくなるため、毛穴の奥にある皮脂などの汚れを浮かして包み込みます。汚れを包み込んだ泡は洗い流しやすいため、洗浄成分が肌に残りにくく、すっきりと落とすことができます。

もし泡立てが少ないと、十分に汚れを落とすことができません。汚れを落とすために肌をごしごしとこすってしまうと、皮膚に過度の負担を与え、肌トラブルの原因になることもあります。


石けんを十分に泡立てて、泡を肌になじませるようにやさしく洗いましょう。肌に負担をかけない石けんを選ぶことも大切です。


投稿順 新着順